サ高住オールガイドTOP > サ高住の設備と入居対象者

サ高住には設備についてのさまざまな基準がある

サ高住にはハード面の建物や設備について様々な基準があります。

したがって、そうした基準を満たしてそれぞれの都道府県に申請して登録する必要があります。

ではそうした基準とはいったいどのようなものでしょうか。

ここでは主だった基準について一つずつ説明していくことにしましょう。

【規模についての基準】

  1. 一戸当たりの床面積は原則25㎡以上であること。
  2. 居間や食堂、あるいは台所などは高齢者が共同利用するため、じゅうぶんな面積のある共用部を設置する場合は18㎡以上とすることができる。また居住部分の一戸あたりの面積を25㎡以下にする場合は食堂、居間、台所などの共用部分の合計面積と25㎡との差を上回らなければならない。

【設備内容についての基準】

  1. 各個室に台所、水洗トイレ、洗面設備及び浴室、収納設備を原則的に備えることとする。だが台所、浴室、収納場所などは適切であれば共用場所として備えてもよい。その場合は水洗トイレと洗面設備のみ、各個の占有として備える。

【加齢対応バリアフリーなどの基準】

  1. 床の段差は不可。
  2. 廊下の幅は78cm以上。(柱がある位置は75cm以上)
  3. 出入り口の幅は個室=75cm以上。浴室=65cm以上。
  4. 手すりはトイレ、浴室、階段に設置。
  5. エレベーターは3階以上の建物に設置。
  6. その他の基準については高齢者の居住の安定確保に関する法律、施行規則第34条第1項第9項の国土交通大臣の定める基準による。(平成13年国土交通省告示第1296号の※1に準ずる)。

このような厳しい基準が設けられているのは、サ高住が高齢者が住む住宅であることから、安全に安心して高齢者が生活できるためです。

サ高住は高齢者しか入居できない

「サ高住」はその名が「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ばれるように利用できるのは60歳以上の高齢者だけでです。

したがってその他は、たとえ身体不自由者であって介護が必要な場合でも入居することは出来ません。

入居希望者の年齢的条件が満たされていなければ、法的に高齢者として認められるまで待つしかありません。

その希望者がもし要介護状態の場合は、他の介護つき施設を利用しながら年齢的に条件が合うようになるまで待ちましょう。

サ高住オールガイドTOP > サ高住の設備と入居対象者