サ高住オールガイドTOP > サ高住で受けられる医療サービス

サ高住(サービス付き高齢者住宅)で受けられる医療サービス

サ高住がつくられた目的は、高齢者に対して快適で安全な住宅を有料老人ホームなどに比べて低い費用で提供することです。

その「安全」のためには、なんと言っても医療サービスの充実が必要です。

では、サ高住で受けられる医療サービスにはどのようなものがあるのでしょうか?

事業者によっていろいろ違いはありますが、これについては基本的に治療と言うより、健康管理面を中心にした、必要最低限の医療サービスの提供であると理解しておくといいでしょう。

従って重い病気の治療などは施設内では行われないのが普通です。

サ高住では健康管理面のサービス提供のため、常駐の看護士による医療サービスや医師の訪問医療サービス、それにオンコール対応(看護士などが常に待機していて呼べばすぐくること)など様々な形の医療サービスを提供しています。

また、医療に力を入れている業者が運営しているところでは特別な例では重度の疾病を持った人でも入居が可能なところもあります。

これも事業者によりますが、数は少ないのですが中には認知症や感染症など重い疾病を抱えている人でも入居可能な施設を持つサ高住もあります。

医療的なケアは事業所によって内容が大きく異なる

このように重度の疾病を抱えた人でも入居可能な医療施設を備えたところもあるのですが、一般的にはサ高住における現在の医療サービスは、病気治療というより健康管理を重視したサービスを提供しているところが多いようです。

こういった状況下では、例えば、「痰の吸引」や「胃ろう」、または「じょくそう」、「尿管カーテル」「酸素吸入」などの医療行為が必要な人は入居できない場合もあります。

またたとえ入居中でも病気にかかって医療措置が必要になった場合には、退去を要請されることもあります。

繰り返して言いますが、こうした例でも分かるように「サ高住」の医療サービスはあくまで健康管理面のサービスがメインであり、例外を除いて病気の治療は行われないと考えておいたほうが賢明です。

サ高住オールガイドTOP > サ高住で受けられる医療サービス