サ高住オールガイドTOP > サ高住の入居費用や賃料など必要になるお金の話し

サービス付き高齢者向け住宅に入居するにはどれくらいの費用が必要なのか

サ高住は高齢化社会において、今後も増え続けることが予想される高齢者のうちの中間所得者層を対象にして、そうした人たちが比較的少ない費用で安心して入居できることを目的にしてにつくられた住宅です。

この住宅の入居に必要な費用は敷金、家賃、共益費、管理費、食費、雑費などです。

これで分かるように有料老人ホームに見られるような高額な入居一時金は必要でありません

これらの費用は事業者や提供されるサービスの内容によっても異なります。

ここではその中の標準的な費用の額を挙げて一つずつ説明することにしましょう。

<敷金について>
標準的な額は30万円となっていますが事業者によって異なる場合もあります。
<家賃について>
食費、光熱費込みで標準が100,000円~120,000円ぐらいです。
<その他の費用について>
共益費や管理費、雑費については事業者によって異なります。

都市部と地方では費用の差は大きいのか

例えば東京と沖縄の初任給の差は22万円対16万円になっており、その差が6万円ぐらいもあります。

このように狭い日本の中でさえ、地域格差というものが歴然としてあります。

それゆえに「サービス付き高齢者向け住宅」にも都市と地方では入居費用に差はあるようです。

そうした費用の差のうち入居時に必要な敷金は標準が30万円で都市、地方の差はそれ程ないようです。

差が大きいのは家賃であり、地方でも極端に安いところでは2万円台のものさえあります。

一方、都市部ではやはり世間相場に比例して高くなっており、家賃だけで10万円を越すものもたくさんあります。

このほか食費については毎日三食付きで3万円~8万円ぐらいで、ここでも差は大きくなっています。

またその他の光熱費や管理費、雑費などは地域格差はそれほどありませんが、事業者による差はあり、その額はまちまちのようです。

こうした地域格差によるマイナス面を避けるためには、都市部の人はこの際思い切って地方に移住し、費用の安いサービス付き高齢者住宅を探すのも一案ではないでしょうか。

サ高住オールガイドTOP > サ高住の入居費用や賃料など必要になるお金の話し