サ高住オールガイドTOP > サ高住と有料老人ホームの違い

一般の有料老人ホームとはこんなにも違うサ高住のサービス

「サービス付き高齢者住宅」の出現で、高齢者住宅はこれまでの有料老人ホームを加え、2本柱になったわけですが、両者には主にどういった相違があるのでしょうか?

それについて具体的に見ていくことにしましょう。

<契約形態や住み替えに関する相違点>

【サ高住】

賃貸住宅契約では「一般契約」と「終身契約」の2種類あります。契約すると借家権が保証され、貸主に強制的に転居させられることがなく、また自由に退去でき住み替えも可能です。

【有料老人ホーム】

単なる利用権を契約するだけで、施設側の事情で強制的に部屋の移動があったり、退去して住み替えの場合には初期償却が必要になります。
<入居時の費用>

【サ高住】

 
ごく小額の敷金がありますが、入居一時金は必要ありません。

【有料老人ホーム】

 
施設によって額には差がありますが一般的に高額な入居一時金が必要です。
<介護サービス>

【サ高住】

 
別途利用料は必要ですが、在宅での介護保険サービスと同様の訪問介護サービスが利用できます。

【有料老人ホーム】

介護保険自己負担はありますが、サービスは可能になっています。
<食事サービス>

【サ高住】

食事サービスが付いています。時間も選択でき、好きなときに食事がとれます。

【有料老人ホーム】

特定施設に限り、食事サービスが含まれています。
<プライバシー保護>

【サ高住】

住居が一つずつ独立しており、プライバシーは守られます。

【有料老人ホーム】

見守り重視で、門限や外出が管理されています。
<居室について>

【サ高住】

トイレつき完全個室。浴室、キッチンは共有の場合あり。

【有料老人ホーム】

条件は同じです。
<生活相談>

【サ高住】

健康相談、生活相談など様々な相談が可能です。

【有料老人ホーム】

介護に関する相談は可能です。
<生活スタイル>

【サ高住】

自宅と同じように外出も、訪問者の出入りも自由です。

【有料老人ホーム】

外出や訪問者は申請して許可されることが必要です。

主要な違いを列挙しましたが、決定的な違いは老人ホームはあくまで高齢者を保護・介護するという事に重点が置かれているのに対して、サ高住はあくまで部屋を賃貸する通常の賃貸契約であり、それに介護サービスが付加的に付いているという点です。

サービス付き高齢者住宅と有料老人ホームでどっちがいいの?

いろいろ異なる点があるのは分かったけど、結局のところどっちがいいの?という疑問を持たれる人が多いと思います。

答えは大変難しいのですが、重度の痴呆症や寝たきりの状態になるほどの重度の身体障害がある人の場合には、有料老人ホームが良いでしょう。

他方で、日常生活に関しては問題なく自分でできるという人であれば、サ高住に住んで必要な時だけ介護サービスを受けるというのが良いでしょう。

上に挙げた個々の条件の違いを見て分かるように、入居時の一時金、外出や訪問者に受け入れで有料老人ホームは不利な面がありますが、保護的な側面が強いので介護の観点からいえば安心する事ができます。

そうした料金の点などをを改善したのがサービス付き高齢者住宅なのですが、どちらの一長一短ありますので、自分の健康状態と相談して決めることになるでしょう。

サ高住オールガイドTOP > サ高住と有料老人ホームの違い