サ高住オールガイドTOP > 高円賃、高専賃、高優賃は廃止?

今までの高齢者向け住宅「高円賃」「高専賃」「高優賃」の3つは廃止

高齢者に良好な居住空間を提供して円滑な入居を促進するため、高齢者向け賃貸住宅に一定の基準による3種類の住宅が設けられていました。

それが平成23年に出来た「サ高住」という新しいシステムに一本化されることになりました。

従来の高円賃・高専賃・高優賃は今後廃止されることになるのですが、どんなシステムだったのでしょうか?

時間的な流れ、制度の沿革を知ることがサ高住の理解に繫がると思いますので、それについて一つずつ説明することにします。

高円賃とは?
高齢者円滑入居賃貸住宅のことです。この住宅は入居を希望する高齢者を拒まないことをモットーとする賃貸住宅で、賃貸業者は都道府県に登録する必要があります。この登録に当たっては一戸当たり最低床面積などの要件を満たしていなければなりません。
高専賃とは?
高齢者専用賃貸住宅のことです。高円賃であり、高齢者専門に賃貸を行うもので、これも都道府県への登録が必要です。このうち厚労省へ登録したものは適合高専賃と呼ばれます。
高優賃とは?
高齢者向け有料賃貸住宅のことで、高円賃の中でバリアフリーで、緊急時対応サービスが付いているものをこう呼びます。

一本化された「サ高住」とはどんなシステムなの?

従来の高円賃、高専賃、高優賃などの施設が廃止され平成23年度から「サ高住」という住宅システムに一本化されました。

ではこのサ高住とはどんな高齢者住宅なのでしょうか。

サ高住とは略称で正確にはサービス付き高齢者向け住宅のことを意味します。

この住宅は日常生活や介護に不安を持つ高齢者の世帯に向けたバリアフリーなど構造的に一定の基準を満たし、さらに介護・医療などのサービスを併せて提供できる住宅施設です。

これまでの上記のような3つの施設では明確に決められていなかったハード面の基準が明確化され、しかも懸案であった介護サービスについての基準もはっきり定められ、高齢者向けの理想的な住宅として、いま注目を集めています。

とは言え、現在のところはきっちりと基準を満たしたものから、従来からの介護付き有料老人ホームに近いサービスを提供しているところもあり、サービスの内容は必ずしも一定ではありません。

入居希望者は事前に詳細の確認が必ず必要です。まだ始まったばかりの制度ですので、内容が詰め切れていない部分が多々あるのですが、今後はサ高住が高齢者向け住宅の中心になっていく事は間違いありません

できるだけ早い段階から情報収集を始めることが大切です。このホームページでも随時新しい情報を追加していきます。

サ高住オールガイドTOP > 高円賃、高専賃、高優賃は廃止?