サ高住オールガイドTOP > 今までのデイケアやホームヘルパーはそのまま継続できるのか?

サ高住では自由に外部からの介護サービスが受けられる

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)は老人ホームや施設ではなく、その位置づけは賃貸住宅と考えられます。

したがって最低限の介護サービスは付いていますが、それで不十分な場合は外部からのサービスを自由に受けられます。

また外部のデイサービスなどを受けるのも自由です。

もちろんこれまで受けていたサービスの継続も出来ますから、前のケアマネージャーやヘルパーさんに頼むこともできます

こうしたことが出来るのも、「サ高住」が福祉施設でないため、事業者に任される部分が多く事業者の裁量で自由にできるようになっているからです。

このためサービス内容は一定ではなく、それぞれの事業所によってかなりの差があるようです。

もちろん自前で有料老人ホーム並の介護サービスを備えているところもあります。

でも多くのところは安否確認や生活相談が主体であり、その他のサービスは外部の介護専門の事業者に頼っているところが多いのが実情のようです。

サ高住での介護保険の利用は在宅扱いになる

上でも触れていますが、サ高住での介護サービスは、主に安否確認や生活相談であり、それらについては義務付けられていますが、その他の介護サービスや医療サービスについては登録要件には入っていません。

そのため事業者によってサービス内容はまちまちです。

ですから中には介護サービス業者と同じようなサービス体制で臨んでいるところもありますが、すべてがそうではありません。

したがってそうしたサービスを備えてないところでは自由に外部からの介護サービスを受けることができるのです。

それだけでなく自分から外部へ出向き、デイサービスなどを受けることもできます。

そのため介護保険の利用については在宅扱いになっています。

また医療機関の利用については往診を頼むことも出来ますし、自らが出向き、外来で診察を受けることも自由です。

なお介護保険サービスを利用した場合は、サービス費総額の1割が別途で必要になることも覚えておいてください。

サ高住オールガイドTOP > 今までのデイケアやホームヘルパーはそのまま継続できるのか?