サ高住オールガイドTOP > 外出は自由?プライバシーは?

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の位置づけは賃貸住宅である

よく施設や老人ホームと混同されやすいのですが、新しく制度が出来た「サ高住」は、位置づけとしては賃貸住宅と考えたほうがいいでしょう。

したがって老人ホームや施設に比べると入居者の自由度は極めて高く、規則で縛られることはあまりありません

ということは、用事のために外出は自由ですし、友人など訪問を受け入れることにも規制はありません

それに完全個室ですからプライバシーも完全に守られます。

また団体行動を押しつけられることもありませんから集団生活が苦手な人も安心して暮らせます。

このように「サ高住」に住むことは普通の賃貸住宅に住むこととなんら変わらないのです。

そうした上でさらに医療、介護のサービスが付いているのです。

ですから考え方としては食事・医療・介護サービス付きの高齢者向け賃貸住宅とするのが正しいでしょう。

例えば「高専賃」と呼ばれた従来型の高齢者専用賃宅住宅では必ずしもバリアフリーであることは義務付けられていませんでした。

でも「サ高住」ではバリアフリーがはっきりと義務付けられています。

さらにサービス面でも日中は介護福祉士やケアの専門家であるホームヘルパーなどが常駐して介護サービスに万全を期しています。

サ高住は建物などのハード、介護などのソフトが充実。外出などの行動も自由。

「サ高住」の真ん中の字である高は高齢者の意味です。

つまり「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ばれる入居者を高齢者と限定している住宅なので、こうした名称がつけられているのです。

この住宅は2011年の法改正により、従来の制度である「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」と「高齢者援用賃貸住宅(高専賃)」それに「高齢者向け有料賃貸住宅(高優賃)」の三つの制度が一本化されて作られた新しい制度です。

これによりこれまで曖昧なまま放置されていた建物のハード面についての基準や、提供されるソフト面のサービスについての基準がはっきり定められ、これからますます進む高齢化社会の中で、今後の発展が大いに期待され、いま大きな注目を集めている「高齢者住宅システム」なのです。

国がこれからの介護の明確な方向性としてサ高住の普及を推し進めていますので今後はサ高住が高齢者向け住宅のデファクトスタンダードになります。

サ高住オールガイドTOP > 外出は自由?プライバシーは?