サ高住オールガイドTOP > サ高住入居対象者の今後の数の推移予想(市場成長率)および経営の条件

サービス付き高齢者住宅の空室率。実現できる収益と利回りは?

サービス付き高齢者向け住宅ビジネスを始めるにあたって最も気になる点は、今後末永く安定した入居者を獲得でき、低い空室率を維持できるかどうかという点ではないでしょうか。

入居対象者が60歳以上と限定されている以上そうした点が気になるのは当然でしょう。

国土交通省によれば、現在高齢者と呼ばれる65歳以上の人口比率は25%で、その数は3000万人を越えています。

この数は今後も増え続け2050年には全人口の3人に1人である4000万人が65歳以上の高齢者になるとされています。

4千万人とはすごい数であり、例えばお隣の国韓国の全人口を上回るほどの数なのです。

そうした高齢者人口の増加に対して、いま圧倒的に不足しているのが中間所得者層を対象にした高齢者住宅です。

こうした今後も増え続ける層の高齢者を対象にしたのが「サービス付き高齢者向け住宅」なのです。

この住宅はターゲットが中間所得者層だけに、入居費用を極力抑えられており、例えば有料老人ホームの入居に必要な高額な一時金はありません。

敷金はありますが、それは極めて小額なものです。

この入居の際の敷居の低さからこれから先の、例えば団塊の世代が65歳になる2015年ごろからは入居希望者が殺到することが予想されています。

サービス付き高齢者向け住宅を建設するための初期投資金額と融資の現状

高齢化社会がますます進行する今、サービス付き高齢者向け住宅の建設を検討している地主はたくさんいるようです。

それはこの住宅建設に当たっては1割の補助金がついたり、その他税制優遇などの有利な制度が多く付いているからです。

でもこの住宅はどんな土地にでも建設できるわけではありません。これには最低限次の2点の条件があります。

<条件1:最低限の面積>
土地の面積は少なくても100坪はなくては建設は厳しいようです。
<条件2:30年を見据えた需給予測>
サービス付き高齢者向け住宅と一般住宅を比較した際の重要ポイントは10年を過ぎた後の稼働率や賃料です。

これについては一般住宅では10年を過ぎると価値の下落が大きくなり、それに加え地域によっては若年人口が減少し入居者の獲得が難しくなってきます。

これに対してサービス付く高齢者向け住宅では最初の10年間の採算が一般住宅より悪くても、その後収益性が高くなるケースがあります。

とくに高齢化率の高い地域ではサービス付き高齢者向け住宅が不足することもあります。

そういった場合には一般住宅よりサービス付き高齢者向け住宅の建設のほうが有利になります。

サ高住オールガイドTOP > サ高住入居対象者の今後の数の推移予想(市場成長率)および経営の条件