サ高住オールガイドTOP > サ高住は大きなビジネスチャンス

超高齢者社会を迎えたわが国に大きなビジネスチャンスが訪れた?

いまわが国日本は世界にも歴史上も例を見ないほどの超高齢化社会に突入しています。

65歳以上の人口比率が25%でその数は3千万人を突破しています。

実に4人に一人が高齢者という世界でも歴史上でも稀な例です。これは避けられない事実です。

戦後の焼け野原から日本が世界第2位の経済大国に成長するという事を事前に予想したイギリスの名門経済誌「エコノミスト」が最近「2050年の世界」という本を出版しました。

その本にも日本が歴史上類を見ない超高齢化社会に突入する事が避けられないという事を正確なデータを用いて書いています。ビジネスをするに当たって、将来を予測してビジョンを明確にする事が大切です。ビジネスマンにとってのこの本は必読の書ですね。

譚台ク頑丼讓ケ 1Q84
2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する

国というものは高齢者が多いと何かと活力を失いがちで、経済にもマイナスを与えるのが普通です。

しかしその反面、わずかですがまたとないビジネスチャンスも時には発生します。

それが「サ高住」とも言われる「サービス付き高齢者向け住宅」の建設と運営をする介護ビジネスです。

高齢化社会の今の日本では、中間所得者層に対する高齢者向け住宅が大きく不足している状態にあります。

つまり、供給が大きく需要を下回るという珍しい現象が、デフレ化の今の日本で起っているのです。

これから先、いわゆる団塊の世代が65歳を迎える2015年には一気に高齢者が増えて、ますますこの住宅の需要は増加すると考えられます。

ここにかつてないほどの大きなビジネスチャンスが生まれるのです。

サ高住ビジネスを始めるには次のような要件が必要になる

このまたとないチャンスをものにするためには「サービス付き高齢者向け住宅」の運営には次のような関係者の協力が必要になります。

それは、土地を所有している人、建設業者、金融機関、ケアサービス事業者などです。

これらの協力を受けて初めてこのビジネスは可能になります。

次にこの事業の建設・運営形態は大きく分けて次の三つになります。

  1. 土地の所有者が建設を担当し、ケアサービスも自前で行う形態。
  2. 土地の所有者が建設し、一括してサービス事業者に賃貸する形態。
  3. ケアサービス事業者が土地の所有者から定期借地権つきで土地を借り上げて建設する形態。

これら三つの形態のうち1については、ケアサービス経験のない土地所有者が始めると、失敗の恐れがありますので注意が肝要です。

3については、ケアサービス事業者に資金力があれば可能ですが、実現への道は生易しいものではありませんから安易な計画で臨むと失敗の可能性が無いとは言えません。

サ高住オールガイドTOP > サ高住は大きなビジネスチャンス