サ高住オールガイドTOP >

これからの高齢者介護は「サ高住」の時代

これから超高齢化社会を迎えるにあたって、老人ホームに変わる新しい高齢者向け住宅が普及し始めています。

老人ホームでは、自宅で生活をしている時に比べて様々な制約を受けることになりますが、サ高住なら自宅で生活しているのとほぼ同じ環境で安心して介護を受けながら生活ができます。

これから日本は歴史上も世界でも類を見ない超高齢化社会に突入し経済的にも成長期を終えて、かなり厳しい時代を迎えます

日本人が今後も豊かな生活を享受するためには、介護ビジネスの成長・効率化が絶対に必要です。介護や福祉の資格などの整備も必要になります。

戦後の焼け野原から日本が世界第2位の経済大国に成長するという事を事前に予想したイギリスの名門経済誌「エコノミスト」が最近「2050年の世界」という本を出版しました。

その本にも日本が歴史上類を見ない超高齢化社会に突入する事が避けられず、これから日本経済は衰退を迎えて国民生活は厳しくなるという事を正確なデータを用いて書いています。

将来を予測してビジョンを明確にする事で、今自分がやるべき事が見えてきます。この本は日本人にとって必読の書ですね。

譚台ク頑丼讓ケ 1Q84
2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する

このような時代背景の中で、今後は二世帯住宅の需要が増加して行くと考えられています。

サ高住にビジネスとして取り組む。土地活用としてのサ高住。

サ高住は、これから超高齢化社会を迎える日本にあって、まだまだ成長して行く分野です。

したがって、サ高住をビジネスとしてとらえても非常に魅力的な市場となっています。

民間の会社が切磋琢磨し競争して質を高めて行く事で、サ高住を利用する高齢者にとっても結果的に良い結果になるでしょう。

土地活用としてサ高住を検討している人なども増加しています。その背景には国が様々な優遇制度を実施し、強烈にサ高住の普及を推進している事があります。

融資での優遇、税制優遇など様々な制度を利用すれば、今このタイミングで土地活用としてサ高住を選択することは賢明な選択になるでしょう。

サ高住オールガイドTOP >